水曜日, 6月 28, 2006

うざいってゆーな

先日ボーカルさんがくれたコメントを読んでて、「うざい」って言葉ってそういえばものすごい破壊力を持っているなあ、と気づきました。何人かで話してて「おめーうぜーよ」と言われたらどんなに自分に理があると思っても、なかなか反論できませんよね。もちろんそこで黙る必要なんかないんだけど、言い返すと「だからぁ、」って言い返されて、さらに立場が悪くなる危険が高い。これほど相手を黙らせる強制力をこの言葉が持ってんのはそんだけこの言葉を発したくなるときに抱いている不快感と言うかネガティブな感情をみんなが共有してるってことですよね。「ほっといてくれよ!」っていう。

でも本当にほっとかれて放置プレイされても「俺は俺の幸せを追求してんだ」って突っぱね続ける事ができるひとなんてそう多くはないように俺は思います。っていうか周りの人間と自分を切り離したままでハッピーになれるってのは幻想なんじゃないかと俺は思います。ペラい幻想だと思うのです。

んでハッピーになるための肥やし(大抵くさい)になるような関係を他人と作るためにどうしたらいいか、というと必要なのは、ボーカルさんの言うようにめんどくさがらずに「ちゃんと考える」という事だと思います。考えてもどうにもなんない事ってのは日常の中ですごく多いので「無駄」だと思いたくなる事も多いのだけど、何かのきっかけで人に「あいつは考えてる奴だ」と認めてもらった途端、現実の世の中ですら超役に立つ関係のできあがり、って居酒屋で絡んでくるオヤジの話みたいになってきたのでこの辺で止めますが、そういうことです。最近飲み屋で知り合った、俺が一方的に慕ってる「人間力」ありまくりの兄貴は自分の店を始めるにあたって無担保無利子返済期限なしで個人から4000万円借りたそうです。会うとくたびれてることも多いけど、やる事やってる男って感じでかっちょいい。彼はうざいっていわないと思います。

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home